人気ブログランキング |

備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 26日

がんばってください。

朝刊で一番驚いた記事は『暮らしの手帖』新編集長が松浦弥太郎になったというもの。えぇ!そりゃまたなんで?!
私は『暮らしの手帖』を血や肉として育ったような人間だ。私の実家はかなーり田舎で、図書館は無く(今はある(^^;))映画館は隣町に東宝と東映と松竹の直営館があるのみ、そんな環境で実家に山積みになっていた『暮らしの手帖』は自分の知らない世界をたくさん見せてくれる宝物のような雑誌だった。
今でも時々買う、特集が面白かったり、掲載レシピがよかったり、『暮らしの手帖』の料理は作ると結構おいしい。昔に比べると手順が簡単になったし(昔は本格的なものが多かった)、作りたくなるものが多い。連載記事やエッセイもそこらの女性雑誌に比べたら面白いと思う。でも売り上げが激減しているのだそう、まあそれも理解できる。決してキャッチーではない。
そこで松浦弥太郎の出番なんだなぁ…彼といえばCOW BOOKS、行ったことはないけど、多分新世代の(?)古本屋の草分けの一つなんでしょう。
『暮らしの手帖』は最近古書価がえらく上がっていて、若者に人気らしい。そのいまどきの人たちが今の『暮らしの手帖』を買っているかどうかが不明、というか多分買ってないんだと思う(独断と偏見)。だから松浦氏の色が出て、新読者がつかめればなーということなんじゃないかしらん。
商品テストを再開するのはいいことだと思います、『暮らし』の商品テストって他より信頼できたからね。頭のいい人なので特別斬新なことはやらないと思いますが、とにかくつぶれないように頑張ってほしいです。

by atsumi-6FU | 2006-10-26 09:40 | 日々のつれづれ


<< 最近収穫がないわ〜。      Into the West >>