備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 12日

brothers&sisters お試し中

NYのラジオ局で、右派の若手論客として活躍するキティ(Calista Flockhart)がテレビ出演の依頼を受けLAに帰郷。実家に戻れば、この2年一言も口をきいたことのない母親(サリー・フィールド)との対決が待っている。
姉のサラ(レイチェル・グリフィス)は優しい夫と子供2人に囲まれ、父の事業の手伝いをしている。表向きは順調だが、実際にはセックスレスが続いているし、父の会社に何か不穏な風が吹いているような気がして不安。
トミーも父の会社勤務、家族の中では今のところ悩み無しの部類?
ケヴィンは弁護士。ハンサムで優しい風貌だが、彼氏無し。
キティに影響されて志願兵となりアフガニスタンへ行った弟ジャスティンは、心を病んだままで、定職につけずにいる。
叔父のソール(ロン・リフキン)は会社の財務担当だが、隠し口座を持っていることが判明。サラとトミーが何がどうなっているのか尋ねても、彼等を子供扱いして説明しようともしない。
父(トム・スケリット)にも何か影の部分が見え隠れする。家にかかってくる謎の電話、会社で彼に詰め寄る女性。ソールの口座のことも、実は知っているような気配が。
キティのフィアンセ、ジョナサンはキティのことを愛しているが、付き従ってくれる女性がタイプのようで、今度のキティのLAでの仕事については、彼女が選ぶなんて全く思っていない。選択肢は無い、僕と結婚してNYで暮らすことに決まってるのだ。(なーんて設定にしたら別れるに決まってるよなぁ〜)
キティへの新しい仕事の内容はなかなか魅力的なものだった。左派の若手ウォーレン(カイト@コールドケース)と一対一で意見を交わすもの。顔を全国にさらして持論を展開すればその分リスクもついてくるが、得るものもある。かなり乗り気になるキティ。
今回のLAの帰郷にはキティの誕生日パーティというイベントも付いている。母と激しくやりあった後のパーティは、明るく楽しくにぎやかなウォーカー家のいつもの姿。
が、その最中に、心臓発作を起こした父はプールへ転落してしまうのだった。

アメリカの映画やドラマはリユニオンの風景を描くのがうまいと思う。今回のリユニオンは傑出したものがあるわけではないが、まずまずの水準かと。
しかしキティのキャラ造型がどうも…。キティが「どうして私のことを愛してくれないの」と母親にぶつけるシーン、それは違うでしょー。そりゃ、実の母親から本当に愛されなかったら痛切につらい。でもキティの場合は愛されてないのではなくて『自分の願う形で愛されてない』と彼女が感じているだけだと思う。お父さんは考え方が違っても愛してくれる、って台詞の後だったから余計理解がないなーと思いました。男親と娘の関係は別物よ絶対。
右派の論客という設定が今後どのくらい活きてくるのかは見てみたいけど(全然関係なかったらがっかりするが)、母親と不毛なケンカをするのは見たくない。親だって完璧じゃないんだから、お互い妥協は必要ですよ。というのはおばさん的発想かもね。
とりあえず当分見てみます。
余談:キティの鞄がゴヤールだったことに、ああやっぱりなるほどなあと意味もなく感心。
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-12 15:34 | AXN系
2007年 11月 11日

決定!

もういいかげん嫌気がさしていたけど、なんとか見続けていたGA。今回のエピを見て決めた、もう見ない!メレディスのパートになると早送りなんて、そうしてまで見る必要ないでしょ。この先面白くなったら誰か教えてください(都合よすぎか、スミマセン)。
Heroesもやめる方向へ。やっぱり私は特殊能力系は苦手だ。じゃあ「ミディアム」は違うのかと言われると困るが、アリソンは別格である(これまた都合よすぎ)。
懺悔します:「神様私は罪を犯しました‥HouseもCSIもNumb3rsもOCもデス妻も見るのを止めてしまいました。私にはあまりにも根気がないのです。この情けない私をお許しください」神は許してくれるに違いない〜って何の神だよ?!
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-11 19:44 | ドラマ
2007年 11月 08日

Deadwoodの住人たち其の二 アル・スウェレンジン

Al Swearengen 1845-1904
アイオワ、Oskaloosa生まれ。デッドウッドで22年間『至宝酒場』(Gem Theater)と売春宿を経営。政治は大嫌い。
若くして故郷を離れデッドウッドへやってくる他の住民とは違って、アルは大人になるまで生地にとどまり、妻ネティ同伴で1876年デッドウッドへ到着。後年ネティはアルの暴力が原因で離婚、その後アルは2度結婚するがどちらも早期に破綻している。
アルの最後はのたれ死にっぽい。頭にひどい傷を負ってデンバーの道の真ん中に倒れていたそうな。生涯嫌われ者か。
写真は探したけどありませんでした、残念。ドラマでのアルはこんなお顔。
c0088748_2233219.jpg

演じるイアン・マックシェーンIan McShaneは1942年9月29日イングランド、ブラックバーン生まれ。父Harry McShaneはなんと、マンチェスターUnitedでプレーしていた!1951-52シーズンの先発メンバーとして記録されてます。まあまあ!ポジションはウィンガー。自分で調べといてへ〜〜〜〜〜です。
国立演劇アカデミーを出た後62年に映画デビュー。映画やテレビだけじゃなくて舞台歴も豊富。ジョー・オートンの「Loot」の初演に出たり、ジュディ・デンチやイアン・マッケランと共演したり。またまたへ〜〜〜〜。
うちにあるイアンの出演映画のDVDは2000年の「Sexy Beast」(Teddy Bass役)とロドリゴ・ガルシア監督の「Nine Lives」の2本。後者のイアンの出ているエピソードについてちょっと追記しますです。

ロドリゴ・ガルシアの「Nine Lives」は9つの短編からなるオムニバス映画で、その中の『サマンサ』の章にイアン・マックシェーンが登場します。
下半身と右腕に障害が出て車椅子生活の父(イアン)と母(シシー・スペイセク)は家庭内別居のような関係。サマンサ(Amanda Seyfried)は休学中で実家に戻っている。それほど広い家ではないのに両親の間の距離は遠く、それぞれが何かにつけてサマンサを呼びつける。クロスワードパズルの手伝いを求める父、愚痴を聞いてほしがる母、サマンサが自室に入るやいなや、どちらかの声がする。父は「俺のことを愛してるのか?」と執拗に確認したがり、母の言葉は終りがなく言いたいポイントが見えない。うわーっと口から出てきそうな本当の気持ちをサマンサはじっと我慢している。その彼女のさまが痛々しい、見ててつらい。
毎週アルを見てるからか、この父親の言葉や仕草が、なーにか危ないものをはらんでいるように見えてしょうがない。サマンサに何かしないでしょうね?!って他のドラマの見過ぎか。「母さんがいるから大丈夫だ、お前は学校に戻れ」って大丈夫じゃないだろうに。
c0088748_0282311.jpg

と、「Deadwood」とは関係ない話でした。とても面白い役者なのでこれからも注目したいと思います。
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-08 22:08 | FOX CRIME系
2007年 11月 07日

デッドウッド S1#6

ワイルド・ビルを殺したジャックのあとを追うセス。山の上で1人の先住民の襲撃に遭い、壮絶な取っ組み合い。セスは怒りに任せて相手を撲殺、はたと正気にかえって自分の蛮行に呆然とするが、そのまま倒れてしまう。

デッドウッドでは天然痘禍が拡大のきざし。やばーい、火元はアルのライバルの酒場ベラ・ユニオン。病気を持ち込んだアンディを山に捨てても、天然痘は無くならない。主人のサイもさすがに悠長に構えてはいられなくなった。向いのアルの酒場でも患者発生、商売道具の娼婦にも感染。これ以上伏せておくことはデッドウッド全体の存亡に関わる、アルはサイと協力してこの事態に対処するため会合を召集。出席者はアル、サイ、ファーナム、ドクター、ソル、スミス牧師、新聞記者メリックなど。患者の隔離、ワクチンの入手、住民のパニック対策等を話し合う。今日のアルは大変前向き、建設的、感心するなあ(たまには)。現時点ではベラ・ユニオンが原因だということを伏せていて、サイは感謝するが、そりゃーあなたタダでそうしてるわけがない。今後の担保にするのでしょう!会合の前に果物を買ってこさせ(えええ生のフルーツ?!と驚いたが、缶詰だった、当たり前だ)皆に振る舞うアル、気が利いています。ちなみに桃と梨でした。

トリクシーはアルマを薬漬けにするために送り込まれたのだが、実際にはどうやら反対のことを行っているようだ。アルマはアヘンの禁断症状と戦っていて、トリクシーはその手伝いをしている?!そんなことでは鉱区が手に入らないのでアルはファーナムに見張らせるが、彼よりもトリクシーの方が断然策略家。ぼけなすファーナムの目を欺くなんてお茶の子さいさいであーる。実際のところ、彼女の目的はどこにあるのだろう?

ワイルドビルの死のショックから立ち直れないカラミティ・ジェーン。酔っぱらい状態で町に戻ってきた。彼女は天然痘に苦しむアンディの隣でくだを巻いていたのに、全く発病していない。「免疫をもっているのかもしれない」とドクターは彼女に診察を手伝ってくれるよう頼む。立ち直るためにも、進まなくてはならないジェーンだが、まだその決心がつかない。
家族惨殺事件の生き残りの少女はすっかり元気になった。白いレースいっぱいの天使のようなドレスを着た少女を見て、ジェーンは正気に戻った。ドクターの手伝いをするために、天然痘患者の介護テントへ向う。

倒れているセスをチャーリーが発見。気がついたセスはチャーリーにビルの死を告げる。犯人のあとを追う前に、セスは先住民の死体をきちんと埋葬したいと言う。チャーリーは時間がもったいない、先住民のテリトリーを侵すのは危険だとセスを止めようとするが、セスは自分の行いに責任を持ちたいのだ。山の上まで運び、先住民の儀礼にのっとって死体を弔う。それは同時に、セスの内側の死んだ部分をも弔う儀式だったのかもしれない。

スミス牧師は二度目のてんかん発作。極度の緊張状態からくるもののようだ。
セスとソルはデッドウッドに来てからそれほど時間がたってないのに、もうすっかり中心的な存在になっている。会合でのソルの堂々とした態度は目を見張るものがあった。アルも気に入らないなりに彼等の存在を認めているわけだし。
とりあえず今は天然痘がこれ以上広まらないよう祈るばかり、デッドウッドを潰させてたまるか!
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-07 23:41 | FOX CRIME系
2007年 11月 05日

Deadwoodの住人たち其の一 セス・ブロック

Seth Bullock 1849-1919 。カナダ、オンタリオ出身。
幼少期の記録は欠落している模様。16才の時、姉ジェシーといっしょにモンタナへ家出。18才で実家と訣別。軍人だった父のせいで家庭内の規律は厳しく、セスのモラルや正義感の根っこもそこらへんにありそう。
1867年、モンタナのヘレナの住人になる。72年にはイエローストーン国立公園の整備にも参加。翌73年モンタナのルイス&クラーク軍の保安官に選ばれる。24才。
保安官の仕事のかたわら、友人ソル・スターと金物屋を開店。76年8月、ゴールドラッシュに沸くデットウッドへ行くことを決意。

Wikipediaから拾ってみたけど、ドラマのセスの印象とほぼ同じ感じがする。厳しい父に育てられ、反発して家を出たけれど、歪んだことは嫌いで、真っすぐに物事を見て判断する。意志の力を感じさせる瞳がいつも印象的なドラマのセス。
後年の記事を読むと、セオドア・ルーズベルトといっしょの写真があったり、ソルとの事業も次々と拡大させ成功を収めている。最後までやり手だったようだ。
実在のセスはこんな顔。
c0088748_2131465.jpg

ドラマだともうちょっと男前です。
c0088748_2214074.jpg

さてそのセス役のTimothy Olyphantさんですが。
ハワイ生まれのカリフォルニア育ち、南カリフォルニア大卒。Deadwood以前のお仕事は〜、
「スクリーム2」端役ですかね、「Sex and the city」98年に1回出演(見てません)、「Go」これも見てない、「ドリームキャッチャー」見たけどセスいたっけ?ダミアン・ルイスが悲惨だったことしか覚えてない…、「The Girl Next Door」見てない。「24」のジャック娘が出たやつだな。「マイ・ネーム・イズ・アール」に1回出演、そしてやっと「Deadwood」。1番最近見たのは「ダイ・ハード4.0」のサイバー・テロリスト、ゲイブリエル。サイバーテロリストってイマイチ強そうに見えない、とか文句言ってました私。やっぱりセスが1番ですよ、うん。
ちょっと簡単にまとめてみました。次はアル・スウェレンジン、の予定。
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-05 21:33 | FOX CRIME系
2007年 11月 04日

爪楊枝と野球帽。ホント、おやじだよー!

クローザー S2#5 To Protect & to Serve
それにしてもフリン、いっつも爪楊枝くわえてるんでしょうか?喋りにくくないか?今回は衣装もステキでプロベンザと2人してドジャースのスタジャン姿、かなり間抜けな日曜のオヤジ状態。
2人はプロベンザの車庫で女性死体発見。が、ドジャース戦のボックスチケットを優先、あとでやればいいや。そんなばかな。フリンの車が調子悪くてスタジアムへ到着も出来ず、結局戻ってきたら死体は無し。あらら。別の場所で腹を切り裂かれた状態で発見され、テイラーたち強盗殺人課の担当に。それは困るーとフリンたちはテイラーから捜査権を強奪。もちろんルール違反だし、そもそも殺人現場をほったらかしにして野球見物に出掛けたなんて知れたらクビ同然。フリンたちがチーフの命令だと言ったものだからブレンダも巻き込まれ、部下を守るためにも『死体の発見場所を知られないように解決』しなくてはならない。ゲイブリエルを除いた皆も渋々協力することに。
このくだりだけで十分面白い。みんな切羽詰まってるからいつもより有能に見える。てきぱきとこっそりと捜査を進めていくわけで、手際良過ぎるくらい。いつもこれくらいやれば倍解決できるかも?
殺された女性キャサリンは代理出産と麻薬密輸に関わっていて、まず元恋人が捕まる。腹を切り裂いてコンドーム入りのヘロインを取り出したのは彼だが、殺したのは彼ではない。彼に死体の発見場所を話されては困る、とブレンダ妨害。なんと。ポープに言い訳してる途中にFBIが絡んでると大嘘。ああこれでフリッツがまた便利屋になるわけだ。こうも都合良くこき使われても平気なフリッツ、そんなにブレンダが好きか?
代理出産の筋では弁護士と依頼した夫婦が怪しい。私は最初妻が怪しいと思った、意味ありげな視線を夫に送ってるんだもの。
特捜課の皆さんはとても優秀ですが、やっぱり無理がある。死亡時刻が確定され、元恋人の弁護団との司法取引も始まりそう、ああもう駄目だー!フリン、奥の手です。

ブレンダ、かなりめちゃくちゃ。今回ばかりはテイラーにちょっと同情する。彼は普通に捜査してるだけで、ブレンダたちの妨害の意味がさっぱりわからない。彼にとっての容疑者は横取りされてしまうし、理不尽極まりない。
真の殺人犯が捕まって自首、一件落着か。このあたりはあっさりし過ぎて都合いいな、細かいところはどーでもいいわけで。
今回皆に迷惑をかけたお詫びは物で返してもらうことに。ブレンダからの要求リストは総額にするとかなりの金額になるような:高級レストランに皆を招待&高級ワイン1ケース、ガブリエルにFred Seagalのスーツ(ハリウッドセレブ御用達のセレクトショップ?高そう)、ダニエルズには香水Opium3本、サンチェスに47インチのフラットスクリーンTV、タオの息子にMacBookプロ(iBookじゃダメ?)、そしてフリッツにメッツ戦のボックスシート券。煙を吹くボロ車に乗ってるフリンには痛い出費ですな〜プロベンザも養育費払ってるんでしたよねー。やっぱり義務は怠ってはいけません、法の番人なんだからっ!
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-04 10:18 | LaLa TV系
2007年 11月 03日

久々のラグビー、トップリーグ観戦。

瑞穂球技場でヤマハvsNEC、トヨタ自動車vs三菱重工相模原を観戦。いい天気、いい風、風邪の身だったけど気分よかったです。
ヤマハ、もうちょっとやれるかなぁと思ってたのに。最終的には19ー23まで持ち込めたけど、全体的にはNECのFWにしてやられた風。どうしても最終ラインを越えられない。どーも元気が足りないヤマハ。NECは負けてたまるかパワーがひしひしと伝わってきてた。箕内君も頑張ってた。ヤコの上手さがやたらと目立つ。ヤコが蹴ると軽々とボールが飛ぶ(風上だったから当たり前だけど)、キックって簡単なんだっけ、と思ってしまう。ヤコはいつまで日本にいてくれるのでしょう?今回のW杯でボクスに選ばれなかったから、トップリーグに残ることを選んだのかしら?後ろにいたおじさん、ヤコのこと知らなかったみたいでびっくり。えええホントに知らないの?国内で、しかも自分の応援するチームにしか興味ない人っているんだなぁ…。
第2試合のトヨタ、前半は三菱のFWに手こずり重工リードで後半へ。重工の応援団が多いのに一瞬驚いたけど、重工名古屋もでかいのであった、そりゃ動員力あるわ。後半はやっとトヨタが本領発揮で、接点で圧倒、ボールを奪ってトライ、ほとんど三菱陣内でプレーしていたような。体が冷たくなってきたので、終了まで時間があったけど退席してきた。その後トライを重ねて結局59−10。やれやれ。
今回見た4チームのどこのファンでもないので、今ひとつ私は盛り上がらない。やっぱり好きなチームじゃないとね!神戸製鋼だったら思いっきり声援飛ばせるんですが。関西に住んだことないし仕事で関係あるわけでもないし、でも絶対神戸です。
目についたのはトヨタの11番水野君、やっぱりうまい。重工の11番存在感あるなぁと思ったらやっぱりNZ人だった、ニック・コリンズ君、29才、ワイカト大出身。トヨタは9番麻田君の球さばきもナイスでした。
次に見られるのはいつかなぁ?私の週休日と合うのは1月26日の秩父宮のみ、東京か〜。
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-11-03 21:31 | sports
2007年 10月 29日

デッドウッド S1#5

セスがつらい。
ワイルド・ビルが殺されてしまった。意義ある死ならともかく、ただの酔っぱらった与太者に撃たれて死んでしまった。あっけなく目の前から消えてしまったビル。はかりしれない喪失感、絶望感、そして怒り。
町の人々はビルに一応の弔意を示してはいるが、どこか高揚した気分でもいる。自分たちはとんでもないものを見たんだぞ、と誰かに威張りたいような感じ。そんな雰囲気にもセスはいらだちをおぼえる。
犯人のジャックは無罪放免になってしまった。法律にしばられないデッドウッドでは、復讐のための殺人ならば致し方ないことと、慣習的に判断される。ジャックは弁護人の入れ知恵により、「兄の仇だ」と嘘の主張をし、それが認められた。笑止千万、なんてことだ。ジャックはアルに「このまま町にいると殺されるぞ」と脅され(まあそれが事実だろう)、さっさと逃げることに。その姿をセスは勿論見ていた。
葬儀の最中も終わった後も、セスの心は全く落ち着かない。大揺れに揺れている。好んでやってきたデッドウッド、無法だがエネルギーに満ちたこの町で一旗あげるのだと張り切っていたし、ビルという稀なる人物と友情を結ぶことができた。なのに。
牧師の説教、皆で唄う讃美歌、全てが彼の心をよりいらだたせる。今にも爆発しそうなセスを見ていて涙が出そうになった。その彼をそばで見つめる一番の理解者ソルは、複雑な思いだっただろう。セスが次に選んだ道をソルは受け止めるしかなかった。素早く荷造りを手伝い、セスが馬を走らせるのを見送るソル。
さてアルはしてやったり。頼んでもいないのに、馬鹿者がワイルド・ビルを葬ってくれた。目の上のたんこぶが一つ減った。次はアルマだ。アルマはアヘンを止めようと努力を始めていた、そいつはまずい。薬漬け状態に戻して、俺の思うように操れるようにしなくてはと、娼婦トリクシーを送り込んだ。トリクシーは即座にアルマに取り入ることに成功、お茶に混ぜた茶色の粉はいったい何か。
スミス牧師がおかしい。取り憑かれたように話し続ける、何か切羽詰まったような話しぶり。顔色も悪い。そしてビルの葬儀の後、住まいのテントの中で発作を起こし倒れてしまった。誰もそれに気付かない、大丈夫だろうか。

セスとソルがなぜいっしょにいるのかはまだ語られていないがとても興味深い。どこか深いところで結びついているように見える(ってビーチャー&ケラー的な関係ではございません)。セス役のTimothy Olyphantがとても印象的だ。怒りと悲しみが全身から伝わってくる、涙がこぼれそうな目にも惹き付けられる。覚悟を決めて馬で駆け出すラストの彼も素晴らしい。あああ来週はどうなるのだ〜?!
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-10-29 22:49 | FOX CRIME系
2007年 10月 29日

邪魔すなーっと猫ににらまれる。

毛づくろいするそばでにこにこ見てたらにらまれました。すみません。
c0088748_21575948.jpg

[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-10-29 21:58 | 猫、猫
2007年 10月 28日

コールドケース S3#17 Superstar

天才女子テニスプレーヤーのアンディは男子選手との試合に見事勝利したその夜、何者かによって絞め殺される。33年後、妹が見つけた硝酸ナトリウム漬けのタオルをきっかけに再捜査が始まる。アンディの命を奪ったのは、アンディに負けた男子選手か、アンディを快く思っていなかった女子テニス部キャプテンか、フェミニズム運動に関心を持たないアンディに不満を抱いていた女性コーチか、彼女の追っかけ新聞部員か、はたまた自分の手から放れていこうとする娘を引き止めたかった父親か。

どーも面白くない。事件が凡庸であるからだけでなく、捜査する側の描き方が何か足りない。殺人課の面々が淡々としすぎている。ただ順番に容疑者たちのところを回って、ふんふんと話を聞き、「むむむ、それでは誰それが怪しいぞ」と巡回しているだけ。ま、それが『地道な捜査』なんだから正当なんだけど、つまらん。各人のプライベートや恋愛模様が前に出過ぎるのも何ですが、もうちょっとひねってくれないかな。
今回見てほっとしたのは、最後の次女と父親の抱擁シーン。まるでアンディだけが娘であるかのような父を次女はずっと支えてきた。その彼女の存在に、父はやっと気付いたのだ。ただ後悔の念のみを抱いて後ろ向きに生きるのではなく、2人で前を向いて、手を取り合って生きていける。手遅れになる前に間に合ってよかった。
妻に最終通告を突きつけられたヴェラについては、まあしょうがないでしょう!せっかくその気になった養子縁組の話がぱーになってしまった(多分)のは残念ではあるが。
リリー&ミラーのコンビも微妙だ、リリー&スコッティの方が私は好き。
総じて、物足りない!
[PR]

# by atsumi-6FU | 2007-10-28 00:21 | wowow系