カテゴリ:AXN系( 5 )


2007年 11月 12日

brothers&sisters お試し中

NYのラジオ局で、右派の若手論客として活躍するキティ(Calista Flockhart)がテレビ出演の依頼を受けLAに帰郷。実家に戻れば、この2年一言も口をきいたことのない母親(サリー・フィールド)との対決が待っている。
姉のサラ(レイチェル・グリフィス)は優しい夫と子供2人に囲まれ、父の事業の手伝いをしている。表向きは順調だが、実際にはセックスレスが続いているし、父の会社に何か不穏な風が吹いているような気がして不安。
トミーも父の会社勤務、家族の中では今のところ悩み無しの部類?
ケヴィンは弁護士。ハンサムで優しい風貌だが、彼氏無し。
キティに影響されて志願兵となりアフガニスタンへ行った弟ジャスティンは、心を病んだままで、定職につけずにいる。
叔父のソール(ロン・リフキン)は会社の財務担当だが、隠し口座を持っていることが判明。サラとトミーが何がどうなっているのか尋ねても、彼等を子供扱いして説明しようともしない。
父(トム・スケリット)にも何か影の部分が見え隠れする。家にかかってくる謎の電話、会社で彼に詰め寄る女性。ソールの口座のことも、実は知っているような気配が。
キティのフィアンセ、ジョナサンはキティのことを愛しているが、付き従ってくれる女性がタイプのようで、今度のキティのLAでの仕事については、彼女が選ぶなんて全く思っていない。選択肢は無い、僕と結婚してNYで暮らすことに決まってるのだ。(なーんて設定にしたら別れるに決まってるよなぁ〜)
キティへの新しい仕事の内容はなかなか魅力的なものだった。左派の若手ウォーレン(カイト@コールドケース)と一対一で意見を交わすもの。顔を全国にさらして持論を展開すればその分リスクもついてくるが、得るものもある。かなり乗り気になるキティ。
今回のLAの帰郷にはキティの誕生日パーティというイベントも付いている。母と激しくやりあった後のパーティは、明るく楽しくにぎやかなウォーカー家のいつもの姿。
が、その最中に、心臓発作を起こした父はプールへ転落してしまうのだった。

アメリカの映画やドラマはリユニオンの風景を描くのがうまいと思う。今回のリユニオンは傑出したものがあるわけではないが、まずまずの水準かと。
しかしキティのキャラ造型がどうも…。キティが「どうして私のことを愛してくれないの」と母親にぶつけるシーン、それは違うでしょー。そりゃ、実の母親から本当に愛されなかったら痛切につらい。でもキティの場合は愛されてないのではなくて『自分の願う形で愛されてない』と彼女が感じているだけだと思う。お父さんは考え方が違っても愛してくれる、って台詞の後だったから余計理解がないなーと思いました。男親と娘の関係は別物よ絶対。
右派の論客という設定が今後どのくらい活きてくるのかは見てみたいけど(全然関係なかったらがっかりするが)、母親と不毛なケンカをするのは見たくない。親だって完璧じゃないんだから、お互い妥協は必要ですよ。というのはおばさん的発想かもね。
とりあえず当分見てみます。
余談:キティの鞄がゴヤールだったことに、ああやっぱりなるほどなあと意味もなく感心。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-11-12 15:34 | AXN系
2007年 08月 30日

エイリアスS4終了。

ま、停滞シーズンだったと思う。先シーズンは、豆狸ローレン&つるつるおでこのサークのおかげか結構楽しめたけど、S4は何人かのゲストで喜んだ以外は収穫無し。
CIA本体から『関係者以外立ち入り禁止課』へ異動したものの、ボスはスローンで、ジャック、ディクソン、ヴォーン、マーシャル、ワイス、あまりにお馴染み過ぎる。断片的な事件をあれこれ片付けながら、やっぱりランバルディかよ、やっぱり生きてたのかよ、と全体に『ああやっぱりね感』が蔓延。でも見るのをやめる気にはならない。シドとヴォーンがどんなに少女マンガしてても見るのさ。そして衝撃の展開のはずが大爆笑のラスト!これまた『やっぱりね』だった。それにしても横からの追突はキツいので、あまり見たくない。6FUのナサニエルの事故を初めて見た時のショックは忘れられない。Guardianのルルの事故もびっくりした。ベンツだったら横からの衝撃にも耐えられるのだろうか?(そういう問題じゃないってばさ)
泣いても笑っても?あと1シーズン、2008年春放送予定のようです♪
ところでヴォーンことマイケル・バルタン、新しいドラマ「Big Shots」が始まるようだ。共演はディラン・マクダーモット=ボビー@プラクティス、TWWのJoshua Malina、TheAgencyのテリーも出るらしい。キャストや写真から受ける印象は、つまんなそう、ドラマ本体を見ずに言っちゃいけないとは思うんだけど、打ち切りになりそうな気がしてしょうがない。バルタンさんは映画もドラマもどーも役に恵まれてないような…。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-08-30 20:47 | AXN系
2007年 04月 25日

「エイリアス」にケリー・マクドナルドが。

AXNで放映中の「エイリアス」S4、どーもぴりっとしません。メンバーがお馴染みさん過ぎるからでしょうか?やっぱり明確な外部、はっきりとした敵、目標がないとつまんないですわ。
でも、第4話「Ice」にケリー・マクドナルドがゲスト出演していて、やったー!ice5という新型化学兵器みたいなものを研究している、病院の医師キーラがケリーでした。ice5ってのは、注射したり気化させて吹き付けたりすると対象が瞬時に凍り付いて、衝撃を与えるとぱきぱきーっっと砕けてしまう、オソロシイ物質。その病院へシドニーとヴォーンとディクソンが潜入して、いつもと同じくあーだこーだ活動するわけです。
キーラは元IRA。ええ?グラスゴー育ちのIRAですか、そうですか。まあ何でもいいんだけど。ケリーはいつもと同様うにゃうにゃ喋って(あの訛りがいいんだよなぁ)、神父に扮したヴォーンと心を通わせる。ヴォーンはローレンのことが克服できなくて、夜も眠れない「彼女がたとえ悪魔だったとしても殺すべきじゃなかった」自分の犯した間違いは取り返しがつかないけれど、キーラはまだ生き方を変えられる、僕がその手助けをするから、とヴォーンは任務とプライベートをごっちゃにしていまーす。
で、最後ケリーは誤ってice5注射を打たれて、凍り付いて死んでしまうのでした。「私があなたを許してあげる」とヴォーンに言い残して。感動のシーンなんだろうけど、何か吹いちゃう、だって目が真っ白なんだもん。
ちゃんとした(?)ケリー・マクドナルドを見るのに格好のドラマをwowowが6月に放映してくれるので「エイリアス」はさておき、6月のwowowプレミアにはご注目。
ある日、ダウニング街で
吹替えだったらどうしよーと不安でしたが、字幕でしたメデタシメデタシ。カフェで初めて会った時の二人の会話、一挙手一投足ぜんぶ素敵。大好きなシーンです。特にビル・ナイの仕草が感動的でそこだけ繰り返し見ちゃった。なんて愛おしい人なんだろう。あ、話はケリーでした、失礼!とてもキュートですので皆さん、ぜひぜひ見てくださいねー♪
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-04-25 19:48 | AXN系
2006年 10月 18日

「エイリアス」S3終了

えー、日頃リアリティ重視で、重苦しいドラマ大好きな私がなぜこのコミックブックみたいな「エイリアス」を気に入っているかは、まあ許してください。S3は詳細なエピソードガイドを友人にメールで送りつけていて、それをここで二次利用しようと何度か考えましたがダメ。自分が書いたものを読むにつけて「いったいこれは何なのだ(苦笑)」な内容、文字にすると笑えてしまう。
S3はゲストがなかなか豪華でした、デヴィッド・クローネンバーグが人間の記憶のメカニズムを研究する博士、UK版「The Office」のRicky Gervais がアイルランドの爆弾魔、イザベラ・ロッセリーニが主人公シドニーの伯母カーチャ、「プラクティカル・マジック」を撮った監督グリフィン・ダンも出てましたっけ。ゲストの皆さん、とても楽しそうなんですよね、特にクローネンバーグは2回連続出演して薬物過剰摂取であの世へという最期を嬉々として熱演。あ、タランティーノも出たんだった、忘れてました。
ばかばかしいと思いつつもS4の放送をお待ちしております、AXN様。だってS4の最後にはさー以下省略。
[PR]

by atsumi-6FU | 2006-10-18 00:26 | AXN系
2006年 09月 10日

2006エミー賞授賞式

AXNで2006エミー賞授賞式を見て思ったことあれこれ。メローニさん、やってくれましたなぁ〜賞は逃しましたが弾けた姿は披露、笑いは取れたぞ?!あのセグウェイ姿が出た時点で、ああ授賞はないわね、と思われたのでは?
キーファーは賞取れてよかったです、メローニやデニス・リアリーじゃなくて悔しいとニュースの時は思ったけど、いざ見ると何かしみじみしてきます。メローニはまたチャンスあるよ絶対!チャーリーズ・エンジェルの皆さん、お顔をいじるのは仕方ないのですが、特にケイト・ジャクソンさん、ちょっと直し過ぎでは?外科医のセンスが悪いとしか思えない怖い顔になってます。ジャクリーン・スミスは自然な仕上がり、差が出ちゃってますね。
ケビン・ベーコンさんが2度ほど映りました、いいヨメでよかったですねー。
カリスタ・フロックハートも隣のフォードさんも一時の勢いやオーラは消えているように見えました。新作ドラマどうなんでしょう?
プレゼンターのスピーチは読まされてる風が多かったけど、特にシーン親子、苦しそう、全然ノレてない。普通にしゃべらせてあげればよかったのに。
この先密林で多分ぽちっとやってしまうのは『the girl in the cafe』と『Bleak house』かな。
エミー賞やゴールデングローブ賞はオスカーよりも雰囲気がのんびりしていて、より楽しめるような感じ、最近特に思います。オスカーって昔ほどわくわくしなくなっちゃったのよね。
総じて楽しい2時間でした。
[PR]

by atsumi-6FU | 2006-09-10 23:07 | AXN系