備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ

2007年 04月 22日 ( 3 )


2007年 04月 22日

「ブラッド・ダイヤモンド」ディカプリオ偉いぞ!

1999年シエラレオネ。反政府軍RUFに捕らえられ、闇ダイヤの採掘場へ連れてこられたソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)は、巨大なピンクのダイヤモンドを発見する。そのダイヤを軸にソロモン、密売人のダニー・アーチャー(ディカプリオ)、ジャーナリストのマディ・ボウエン(ジェニファー・コネリー)の人生が交錯する。ダイヤが手に入れば、ソロモンは家族を取り戻すことができる、アーチャーは自由を手に入れアフリカから出て行ける。

何がいいって、ディカプリオ。圧巻はRUFの攻撃をかいくぐってソロモンと逃げるシーン、生死の瞬間をかぎわけ、銃弾の波をくぐり抜け、走る走る走る。決して迷わずここしか無い進路をとる。検問をくぐり抜ける時も凄い。捕虜のふりをしてソロモンの後ろに従い、相手が「白人を連れてきたのかよ(ニヤニヤ)」と警戒を緩めたとみるや、瞬時に撃つ。躊躇とか息を整える間とかそんなものは存在しない、とにかく撃って前へ進む。『好演』という言葉では表現できないくらい、ディカプリオはダニー・アーチャーだった。彼の果敢な表情を見ていたら泣けてきた、珍しいことに。
ジャイモン・フンスーも様々な表情を見せる。優しい父親だった彼が家族もプライドも奪われ抜け殻のようになってしまう。アーチャーに利用されていることはわかっていたが、RUFに奪われた息子と難民キャンプにいる妻と娘を取り戻すために、ピンク・ダイヤモンドの元へ向かう。息子を奪ったRUFの幹部を殴り殺した時のソロモンは、憎悪と哀しみで人相が変わってしまったかのようだった。彼にとって人を殺めるなんてあってはならないことだったが、抑えることができない。
紛争ダイヤモンドを扱わないというキンバリー・プロセスが制定され、ソロモンは家族揃って幸せになることができた、というところで映画は終わる。もちろん今でも闇ダイヤの取引は続いている。ソロモンの息子ディアは抜けられたが、今も消耗品扱いされている少年兵が20万、30万といる。現実はそれほど変わってはいない。それでもソロモンとマディの笑顔で映画を締めくくってしまうのが、ハリウッド映画の甘いところだと思うけれど(ディカプリオ崖っぷちのところで終わっていたら、それはそれでヒーロー映画的エンディングになってしまうが)、善悪ないまぜの現実をそれなりに描いて、見応えのある映画だったと思います。
それにしてもディカプリオ、次作がとても楽しみです(何だろ?)。スコセージ先生、「またいっしょに映画作ろうな」と言ってましたよね、いい映画作ってあげてくださいよ是非。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-04-22 22:46 | movies
2007年 04月 22日

シーズン2始まりましたが〜。

Numb3rs #14
トレイン連邦判事の妻が射殺される。判事を恨む人物が犯人である線が1番強い。
公判が進行中のアジアン・ギャングの筋が疑わしい、とドンたちはにらむ。だが収監中のボスのダニーも、仮トップのレイモンドも、犯人と断定するだけのものがない。
チャーリーたちのいつもの数学からみた分析によって、オーソンとランスが容疑者候補に上がる。オーソンは警官殺しで服役中、十数回再審請求をしていて全て判事に却下されている。ランスは暴行容疑で逮捕状が出ているが未逮捕。判事と関係があるようには思えないがプロファイリングの結果としては有力。またこの件に関してランスの名前を密告した者もいる。
そしてランスが犯人だった。しかし彼は誰かに頼まれただけ、まさか判事の妻だとは全く知らなかった。前金で五千、後で五千、頼んだのは意外な人物だった。オーソンを死刑にしなかった判事の裁定に不服を持ち、大事な家族を亡くした者の気持ちを知らしめてやる、という筋違いな目的。

どのドラマにおいてもメンバーの入れ替えは付き物です。特に職場系捜査系のドラマはやりやすい、辞職させたり異動させたり簡単ですからねー。今回のNumb3rsの入れ替えは良い効果が出ているのでしょうか?テリーは元夫とよりを戻したいのでワシントンへ異動、あらら安易な理由。ドンにはいきなり金髪検事の彼女ができていた、でもこの彼女なーんか魅力薄いんです。新捜査官コルビーは頭よりも首が太そう、レスリングでもやってたんでしょうか。プロファイラーのメーガンがRMのローラなんだけど、何が気に入らないって喋り方、声質。RMは吹替えで見てたので気にならなかったけど、素の声で見るとイライラします。毎週おつきあいしなきゃならないのかと思うとやや憂鬱。
はい、正直に言うと、このS2第一話はかなり退屈でした。展開や捜査がふらついてるし、数学が濫用されてるようにも思ったし、なにより結末がかなり強引、めちゃくちゃだと思う。この先見続けられるのか、ちょっと自信ありませーん。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-04-22 12:31 | FOX CRIME系
2007年 04月 22日

ブラック・ブック(ネタばれ有り)

1944年オランダ。ユダヤ人女性ラヘルは隠れ家を追われ、レジスタンスを名乗る男に騙され、家族を全員殺された。かろうじて生き延びた彼女は、レジスタンス活動に参加することに。エリスと名を変えてナチス諜報部将校のムンツェに近付き、諜報部の部屋に盗聴器を取り付け、情報を集める。ナチス対オランダ、ナチス対ユダヤ人、そしてオランダ人対オランダ人、諸相が錯綜し、レジスタンス活動はほころび始め、エリカが密告者だという結論になってしまう。実際には、ナチスにユダヤ人情報を流している、ある重要人物がいた、その人物の持っている『ブラックブック』には裏切りの全てが記されている…。

登場人物たちを襲う裏切りの連続から目が離せません。南部に逃げれば安全に暮らせると約束した男に裏切られたエリスたちユダヤ人、公証人スマールはエリスを始め多くのユダヤ人たちを助けレジスタンスにも参加していたが、実はナチスと結託していた。ムンツェは同僚フランケンに裏切られ、終戦後は連合軍に寝返った上級将校に裏切られ銃殺。エリスは更に、信頼していたレジスタンスの同士ハンスに裏切られる。致死量のインスリンをうたれ、あと一歩で死ぬところだった。ハンスはエリスだけでなくレジスタンス活動全体を裏切っていた。エリスに全ての罪を被せ逃げ切る寸前、読みを誤った。エリスはただの美人ではなかったのです。
誰もが生まれながらの悪人ではなかっただろうに、生きるか死ぬかの瀬戸際で自分の命を優先させるのは当然といえば当然、好きで裏切っているわけではない、生き延びるための手段なのです。戦争とは兵器で戦うことだけではない、日常全てが、敵国人も同国人も全てが戦争の対象なのでした。
ポール・バーホーベンは歴史の暗部を重暗く描くのではなくて、娯楽性もたっぷりにまさに力業的にどーんと進めていきます。主人公のエリスが頭髪を金髪に染めるだけでは足りないと、下の毛も染めるところ(ボカシ入りません(^^;))なんて、笑っちゃいました。何もそこまで見せなくても。ムンツェは「善人のためのソナタ」でドライマンを好演したセバスチャン・コッホ、彼とエリス(カリス・ファン・ハウテン)が画面に大写しになると、大迫力カップルで見応え十分。ハンスも枯れた魅力があり、惹き付けられます。
最後は1956年のキブツで終わります。エリカは戦後ラヘル・シュタインに戻り、イスラエルへ渡り、教職についていたのでした。でもそのキブツにも次の戦争の足音が近付いている、『ブラックブック』は終わらない、きっちり現代につなげています。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-04-22 11:09 | movies