備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ

2007年 04月 05日 ( 1 )


2007年 04月 05日

暗闇から逃れて In the Dark

Without a Trace 「FBI失踪者を追え!」待望の第3シーズンが始まりました。
何が気になるって冒頭のアレですよ。世のマーティン・ファンの皆様にお聞きしたいです、どうなんでしょ?サムとくっつくのって。マーティンは天にも昇らんばかりの喜び様でしょうけど、GAのメレディス&ジョージみたいなことにならないか心配です、「あなたとならもしかしてって思ったけど、やっぱりダメだった、ごめんなさい」ラストでマーティンが朝の続きはどう?と誘った時のサマンサの表情がねぇ…複雑ですわ。
次はジャック。ヨメは実は計画的だった(とはちっとも思えないが、彼女サイドにおいては計画的だったってことでしょう→皆さんの記事を読んで、私がのんきだったことがわかりました、確かにヨメは残酷なくらい計画的でしたわ)、シカゴへ移るだけでなく、娘たちの親権を彼から奪う計画を着々と進めていた。それを知ったジャックはボー然、仕事以外ではまるで嗅覚働かない(^^;)。で、弁護士(?友人?既出でしたっけ?彼)に「取り戻すには、元のポジションに戻らなきゃ」と言われてしまう。困りましたー「ヴィヴ、親権を取り戻すまででいいから、ボスの座を俺にくれ。うまくいったら返すから」そんなこと頼むわけにいかないもんなー。ついヴィヴに「うまくいってるか」と電話すると、彼女は活き活きと『ボス』として頑張ってる模様。ダニーとマーティンの若干の暴走はあっても事件を無事解決したし、皆の態度は自然、彼女をボスとしてスムーズに動いている。
役所的に考えると、今まで5人でやっていた仕事を4人でやれてるわけですから、かなりの人件費削減になる。予算削減の折り(多分)、一種の自然減的な経費節約は渡りに舟ですよ。私が予算担当者だったら、一度4に減った定数を5に戻すなんてあり得ない。何言ってるんだ私は(^^;)とにかく、ジャックがどうやってNYオフィスに復職するのか興味津々。
肝心の事件は、中途失明した少女の歩行訓練キャンプの途中で、少女ケリーと訓練士ルイーザが誘拐される。ケリーは犯人たちから逃れることに成功し保護されるが、ルイーザがまだ残されている。ケリーが周囲に内緒で付き合っていたルイーザの弟の情報により、犯人はケリーが通っていたレストランのスタッフたちであるとほぼ断定。1人は拘束するが、もう1人がルイーザを連れて逃走している模様、二人が連れ込まれた小屋の場所を伝えることが出来るのはケリーしかいない。全身の感覚を使って、捜査員たちを現場へ導くことに成功。ルイーザは保護され、犯人は射殺。自分の命だけでなく、大事な人の命も救うことができたケリーは、もう1人で歩いていけるに違いない。
という緊迫した事件がメインの筈なんだけど、メインは冒頭とラストになっちゃう。そして暗闇に落ち込んだままのジャック、光はさしてくるのか?
ところでダニーが痩せて見えたのは気のせいか。もともとやせてるから、もっとしっかり食べなくちゃ!
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-04-05 20:46 | NHK-BS系