備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 28日

デッドウッド S1#9

デッドウッドに様々な変化がおとずれる。町の在り方、商売、人間模様。気がつくと溝が出来ていたり、足元の底が抜けていたり。振り向くと、今までパートナーだと思っていた人間がそうではなく、別の人間の言葉が心に深く刺さる。町全体がシャッフルされて何かが変わる?何も変わらない?

トリクシーとアルの間の距離が縮まり、自然に見えるのは気のせいか。仕事や街の根幹に関わる話をトリクシーに聞かせるアル。以前は高圧的な態度でトリクシーを虐めたり、単なる道具扱いをしていたのに。トリクシーが商売上だけではなく、自分自身のためにも大事な存在であることがわかってきたのかもしれない。「自殺なんて二度とするな」といたわりの言葉すらかける。

チャーリーはアッター郵便・運送店を開業。ビルのことは少しずつ吹っ切れているようだが、まだ落ち着かない。上着を新調するも、似合わないような気がしてならない。会う人会う人に、おかしくないかと繰り返し尋ねる。デッドウッドに根を降ろす決心はついたはずなのに、ここでいいのか、本当にこの道を進めばいいのか、迷いは消えない。だが進むしかない。そしてジェーンは町を出て行った。

1868年のフォート・ララミー条約によりデッドウッドは入植禁止とされたので、アルたちの土地所有は実は違法。先住民との条約の締結後この地は準州に組み入れられることが確実で、その後も自分たちの権利を守るためには嘘でもいいから行政機関を立ち上げなくてはならない。で、会議招集!町長はファーナム、マジですか?「俺は町長がいいな」ってまるでクラス委員か級長に立候補するみたいな彼に、一同しーん、異議を唱える気にもならない。
あとは議員にワイロを幾ばくか渡せば、なんとかデッドウッドは維持できるだろう。

ソルはトリクシーが好きだ。店に遊びに来て、とトリクシーを誘う。まんざらでもない表情のトリクシー、彼女の本当の気持ちはどこにあるのだろう?
牧師の病状はひどくなる一方。ありもしない腐乱臭に悩まされる、視点が定まらない、腕に発作が起きる。ドクターは脳の傷か何かが原因ではないかと言うが、牧師は大丈夫だととりあわない。今の症状は、神が与えたもうた試練なのだ、神への愛が今試されている、と。このままでは気が狂ってしまうような気がする。

サイが兄妹をむごたらしく殺した・殺させた結果、ジョアニーはベラ・ユニオンを出て独立すると言い、良きパートナーだったエディはサイの人間性に疑いを持ち始めた。同じくらい残酷なことを行ってもアルの部下たちは彼の元を離れない。アルは周囲の人たちの自分への信頼を台無しにするようなことはしない。サイはかなり衝動的なんだよね、アンディを山に捨てちゃうし…。

アルマとセスが、お互いに惹かれ合っているのは一目瞭然。鉱区のことを緩衝材にして、なんとか距離を置いている。これ以上近付いたらただの信頼関係では済まない。
でもセスは言ってしまう。彼の妻と息子は、元は兄の妻と息子で、兄の死後引き取ったのだと。だから?アルマは必死で心を鎮め、ランプの火を吹き消す。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-11-28 07:45 | FOX CRIME系


<< 引越します。      君の涙ドナウに流れ >>