備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 26日

君の涙ドナウに流れ

1956年ハンガリー動乱。ヴィキは革命に心血を注ぐ女子学生。両親を秘密警察に殺されている。カルチは水球のスター選手、間もなく始まるメルボルン五輪で金メダルを取ることが目標。国代表であることは『名誉とある程度の自由と金』を意味するが、言動の全てが監視対象になっている。フルシチョフくたばれ、と言っただけで家族の安全が脅かされかねない。
大学の学生集会でカルチはヴィキと出会う。最初はただのナンパだったが、ヴィキを追いかけるうちに自分を取り巻く世界の本当の姿を知り、水球を捨てヴィキと共に立ち上がることを選ぶカルチ。
市街戦の後、一端はハンガリー市民が勝利したように見えたが、現実は苛酷だ。小国ハンガリーがソ連に刃向うことの意味を彼等は知っていたのだろうか。

ちょっとハリウッド映画ぽい作りになっていて、歴史ドラマというよりはメロドラマ。複数の脚本家の中に『ジョー・エスターハス』の名前があって驚いた。「氷の微笑」「ショーガール」ですよね、エスターハスといえば。ハンガリー生まれで、6才でアメリカへ移住。なるほど。
彼が過去に書いた「ミュージック・ボックス」(秘密警察としてナチスに協力し、同胞を虐待・殺害していたという過去を自分の父が持つことを知り苦悩する女性のおはなし。コスタ・ガブラス監督の力作。大好きな映画の一つだ)の方が歴史色が強く、今回の「君の涙」は青春ドラマぽい。悪いとは言わないけど、やや物足りないかな。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-11-26 21:39 | movies


<< デッドウッド S1#9      フィギュア・スケート、グランプ... >>