備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 18日

Spiral オモシロイ〜!

ミスチャンで始まった「Spiral」(原題Engranages)、滅法面白い!Ayanoさんの記事のおかげで見逃さずに済みました!ありがとう!
複数のラインがからみあって、どの要素がどれとどう絡んでくるのか、一秒たりとも目を離せない。
表の顔は院生裏は娼婦?の留学生殺人事件。政財界の大物の名前が顧客リストに連なっている模様。担当検事ピエールの友人もその1人だった。彼が電話をしたその夜、彼女は殺された。
娘が教師に虐待されていると幼稚園教諭を訴える父母。ピエールの担当する事件は大きなものから小さなものまで。でも彼は手を抜かず、親と教師双方に対して公平であろうと尽力。結局は親の嘘だったが、教師は精神に異常をきたしてしまう。責任を感じるピエール。
殺人事件を担当する刑事たちは優秀。特に女性警部ローラはできる。が、部下には多少でこぼこがあり、タレこみ屋に押し付けられたコカインをつい試してしまう刑事もいる。殺された留学生の部屋を荒らして逃げる人物を見逃すというポカをやらかし、当然冷遇。さらにへこんでコカイン。
ある事件の裁判でピエールと対決して勝訴した女性弁護士。その腕を見込まれて「うちの事務所にこない?」と誘われる。労働法専門の事務所が刑法専門の彼女を誘う理由は何か?奥まった部屋に1人こもっている男性が彼女を必要としている?
脈絡のないように見える要素が、このさきどんな風に繋がっていくのか、興味は尽きない。とにかく面白い、映像の作りも暗めで美しい。次回が楽しみです。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-11-18 20:10 | ドラマ


<< デッドウッド S1#8      ヴィーナス Venus >>