備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 17日

ニック・フォーリン 堕ちた弁護士 S3#14

現在放送中の第3シーズンで終了のThe Guardian、結構地味な展開で私好みである。スザンヌに浮気して、禁止されているアルコールにも手を出し、ルルに出ていかれ、どん底状態のニック。
前々回。ブルーミスティックという幻覚剤に手を出した結果の夢ばなし。夢の中でニックはリハビリ施設へ出向き、アンという名前のカウンセラーと出会う。彼女はニックの母親そっくり。ガンにかかり、息子を別居中の夫に託そうとしていた。母親にきちんとさようならを言えなかったニックは、息子とちゃんと話した方がいいと言うのだが、「まだ子供だから無理よ」とアンは聞く耳を持たず、そのまま息子を送り出してしまう。ニックはもっと母と話したかった、最後までいっしょにいたかった、でも母は黙って行ってしまったのだ。「行かないで」と号泣するニックをアルビンが見つけ、病院へ。幻覚から覚めたニックは、本当にリハビリ施設へ向った、父といっしょに。
前回。リハビリの一環で、謝罪の手紙を書き、渡して回るニック。でも渡した結果もっと傷つけたり、読んでもらえなかったり。ニックは一生懸命なのだが、不器用なのは変わらない。それにリハビリの過程さえ終えればそれで万事終了、という態度がまだまだ甘い。一生涯かかっても終わらないかもしれないのにねえ。30日間プログラムの修了書を手にして誇らしげだが、それは終りではなく始まりなのだよーん。

そして今回。ニックとルルの間に産まれてくる子供がダウン症であることがほぼ確実とわかった。ニックは最初考え込むが、ダウン症の青年の信託財産の案件を担当することを自ら志願し、その彼マークと正面から向き合うことに。顔を合わせた当初は戸惑うが、マークの明るさとしっかりとした意志を自分の目で確認し、時間はかかるが大丈夫だと思えるようになる。ニックはドラマの最初から心の不安定さやぶっきらぼうなところを抱えたままだけど、人を否定しない、不思議な寛容さを持ち続けている。自分の回りの防護壁の作り方や自己の出し入れが下手なだけなんだよね多分。そしてニックはルルにはっきりと伝えた「父親になりたい」と。
ルルは当然迷いに迷う。中絶するときっぱり決められない、かといってダウン症の子供を育てることに自信も持てない。親友ケイトが開いてくれるという出産祝いのパーティも断ってしまう。
さてニックの同僚ジェイクは、社交クラブでケイトと出会う。彼は社会的な地位向上のためにそのクラブに入ろうとしていて、有力会員の娘ケイトと親しくなれば有利かなと思ったのだが、心底ケイトに惹かれてしまったようだ。
えええ?ジェイク、ゲイという設定ではなかったのか?つーかゲイの集まるクラブに出入りするジェイク発見!のシーン(S3の何話目か失念)で、えええ?何もそこまでしなくても、と思ったのだが、今回コレである。やや無理矢理かも。で、ケイトはこの先付き合いを進めるのであれば、HIV検査を受けてほしいと言う。ジェイクはもちろんいいよと了解するが、実際にはもし陽性だったらどうしようと不安山盛りいっぱいだったのだ(今まで検査受けてなかったのか、とやや呆れる)。勇気を出して検査に出掛けるジェイク、「ストレイカーさん?」結果が出た、果たして?!
ニックの頭の中はダウン症のことでいっぱいだが、他の案件もやらなくてはならない。寝たきり昏睡状態妻にかかりっきりの父親から性的虐待を受けていると嘘の通報をした長女。父親が母親のことで手一杯なので、家事や妹の世話は全て長女メーガンがやらなければならない。学校を休学したり、スキー旅行に行かせてもらえないメーガンの気持ちが、父親にはわからない。彼女だって父と母のことはわかっているし、自分がしっかりしなくちゃという自覚もある。でもまだ10代の子供なのだ。母親の代わりをさせられるのはもうたくさん!と思っても仕方がない。結局娘たちは祖父母のもとで暮らすことに。父親は、カウンセリングと父親講習に通って、できるだけ早く娘を取り戻したいと繰り返すが、正直昏睡状態の妻が死ぬまでそれは無理だろう。
マークの件は無事に決着がついた。彼のことを好きになったニックは、マークがシェイクスピアの劇のオーディションに参加するのを手伝う。ルルも同行して、2人はマークが堂々と舞台で台詞を披露する姿を見る。
事務所に戻った2人を待っていたのは、ケイトが持ってきてくれた出産祝いの数々。ルルは「返さないほうがいいわよね?」と言う。まだ100%の自信は持てない、ニックと生まれてくる子供と彼女の3人で幸せになれるかどうかはわからない。でも彼女は産む決心をしたのだろう。

父バートンがニックをさりげなく励ますシーンがよかった。孫が障害を持って生まれてくることがわかってショックを受けないはずがない、だがニックとルルならきっと乗り越えられる。ダウン症児の教育プログラムを即座に調べ、孫のためのお金を貯めていこうとストレートにニックに伝える。ニックは涙を浮かべて感激し、素直にありがとうと父の誠意を受け取る。
今までのニックは三歩進んで二歩下がるじゃなくて、三歩進んでも三歩(下手すると四歩)下がるだったけど、2.5歩にはなったでしょうか。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-11-17 16:11 | FOX CRIME系


<< デッドウッド S1#7      ある種のおとぎばなし。 >>