備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 19日

ミディアム S2#22 Twice Upon a Time

エルサルバドル人女性イメルダの殺人についての公判。容疑者は彼女を雇っていた建築業者、物的証拠も状況証拠も揃っていて検察側は勝訴を確信しているが、唯一遺体だけがあがっていない。弁護側(またしてもスポルディングことワット)は事件はでっちあげだと主張。その証拠に彼女は死んでいない、ほらここに!イメルダが法廷に現れ、廷内は騒然、検事は呆然。訴えは棄却される。
起訴する根拠となったのはアリソンの夢だったから、彼女に非難の嵐が。彼女が関わった事件は全て再審査され、いくつかは犯人が釈放されてしまうだろう。アリソンはもちろんクビ、検事も失職。デュボア家にまでマスコミの群れが押し掛け、家庭崩壊の危機。アリソンの未来は真っ暗だ。

正直なところ、こういうこともあるかも、と冷ややかに見ていた私。最近のアリソンは『正義の番人』みたいで、私の見るビジョンは全て正しい!と威張っているわけではないにしても、ちょっと能力に溺れてない?と思ってたから。
ずっとアリソンを支えてきたジョーも、家庭を世間の好奇の目にさらすきっかけを作られてはたまらない。アリソン崖っぷち。今できるのは泣きながら眠ることだけだ。

目が覚めると、いつもと違うキャリア・ウーマン風のアリソンになってた。ダンナはJAGのラブ中佐(少佐?たまにしか見てないのでわかりません)で、子供はいない。クールな邸宅でおしゃれな生活、アリソンは有能な弁護士で、ワットの事務所の次期共同経営者。コドモはどうやら好きではない模様。
現在の案件はエルサルバドル人女性殺害事件。遺体無しだし証拠のナイフが女性のものだという確率は低いのだから、無罪に決まっている。確率の証言をしてもらおうと呼んだ数学教授がジョー・デュボア。
(多分)猪突猛進弁護士のアリソンだったが、ジョーと出会ったことによって、彼女自身対処に戸惑っていたビジョンや直感を、もっと信じて生きるべきではないかと思い始める。
今回の事件は無実なんかじゃない、正しい結末へ導いてやらなくては。

結局ちゃんちゃん!ときれいにまとまった最終回。私には素敵な夫と素晴らしい子供たちがいる。この神からのギフトを、私は決して手放してはいけない。その前提として、たとえ夢の中でも過去を変えてはいけないのだー、という原則の再確認もできた、と。
それにしても、先回はもうすぐ死ぬと言われ今回は人生の破滅的状況に追い込まれ、アリソンもなかなか大変だ。ビジョンの力をもってしても、人生の奥義を学ぶのは難しい。なんのこっちゃ。
今月から既にFOXで放映が始まっている「ミディアム」、wowowからFOXへ移るのが速いのはいいけど、S3の放映について最終回後に触れられなかったのが気になる!
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-09-19 00:02 | wowow系


<< 予選、半分終了。      「シーフ」vol.1~3 >>