2007年 06月 30日

13人いてもねぇ…

リリーことキャサリン・モリスが新宿で美しく可憐な姿を披露していた頃、ワタクシは「オーシャンズ13」を見てました。コールドケースに劣らず素晴らしかったわ!などとは口が裂けても言えないんだこれが。11は内容すっかり忘れてしまったし、12は見てない、出演者の誰かのファンでもない。ま、タダでしたからね。
ホテル王バンク(アル・パチーノ)に騙されて心筋梗塞で倒れてしまったルーベンの仇をとるべく、再びオーシャン(ジョージ・クルーニー)が立ち上がる。もちろん仲間全員が集結、ルーベンのためならたとえ火の中水の中、ぜーったいヤツをへこませてやるーっっ!という簡単なおはなし。
バージル(ケイシー・アフレック)がメキシコのダイス製造工場で働いてるところのテイストだけ、やや私のツボかも。「革命児サパタを思い出せ」というのんだくれバージルのヨタ話(壁には『テキーラ・サパタ』のポスターが)に乗せられてストライキが始まっちゃう。くだらないけど、そこだけは好きな感じ。なので、バージルと兄ターク(スコット・カーン)の二人だけで私は十分。あとは要らないっす。
ロス先生、いやにすっきりしちゃって。ちゃんと食べてますか?エレン・バーキンの胸がどうも不自然に見えてしょうがなかった。とにかく結末が決まってるし、オーシャン側が全然ピンチにならないので緊張感ゼロなんですよ。日本がお得意様なのか、日本向けのサービス・シーンが妙に多くて苦笑するのみ。13で打ち止めにしたほうがよろしいかと。
[PR]

by atsumi-6FU | 2007-06-30 23:31 | movies


<< ミディアムS2#11 Meth...      ミディアムS2#10 The ... >>