備忘録

funnybones.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 08日

このドラマだけで月額525円の価値はある!

The Closer #1
数学者エリオット・コリアーの邸宅で女性の腐乱死体が発見される。秘書のエレン・パークスは博士の無実を信じている、彼はハワイに行っているはずだ、と。
死体は無惨この上ない。後頭部を激しく殴られ、髪を切られ、衣類をはぎ取られ、顔を撃たれている。「愛情のもつれね」と現れたブレンダ・ジョンソン(キーラ・セジウィック)、新設された殺人特捜班のチーフとして赴任してきた女性に対して、捜査官たちは全員不信なまなざし。それをものともせず、ブレンダは淡々と死体の検分を続ける。皆が気付かなかった嘔吐の跡を発見、検死解剖の指示を出す、「衝動的な犯行ね」。他を圧倒する断固とした態度だし、出だしから卓越した能力を発揮しているが、男達は気に入らない。なぜあんな女がしゃしゃりでてくるんだ?
強盗殺人課のテイラーはポープ副本部長(J.K.シモンズ)に抗議。自分の権限があそこまで冒されるなら特捜班の新設に賛成しなかった、その上あんなクソ女がチーフだなんて。実際には殺人課は負け続き、LAでは有名人容疑者に敏腕弁護士がつき無罪を勝ち取っている。だから新しい風が必要なんだ。ブレンダはCIA仕込みの尋問のプロ、事件を終わらせることのできる『closer』クローザーだ。と、ポープはテイラーを説得しようとするが、当然納得しない。部下全員の異動申告書を突きつけて、部屋を出て行く。前途多難な様子。
コリアーの経歴は謎だらけ。職歴も無し、医療記録も無し、運転免許証も持っていない。自宅には被害者の指紋だけ、コリアーのは無し。
タオ捜査官によって、エリオット・コリアーなる人物は19才で死亡していることが確認された、博士はコリアーの身分を盗んでいたわけだ。
ポープはブレンダに皆の異動申告書を見せる、ここまで抵抗があるとは自分の見込みが甘かった。彼は途方にくれた様子だが、ブレンダはひるまない。家を売り、国土保障省のオファーも断ってきたのだ辞めてたまるか。全員の目の前で異動申告書を捨てながら、捜査官たちに指示を出す。かっこいいぞ!
被害者は整形を繰り返し、人相を変えていた。何か消し去りたい過去があったのか。性的暴行の跡は無し。
部下たちは渋々ではあるが捜査を続けて着実に情報を集めていく。銀行口座の不審な動き、セキュリティーシステムに残った博士の虹彩写真、秘書エレンへ送ったラブレターeメール。エレンが何か隠していることは間違いない。敬虔なクリスチャンで、家族計画連盟のメンバー。
エレンの尋問を始めるが、ブレンダは切り札をいきなり出すようなことはしない。とりあえず私はあなたを救うためにいるのよ、とエレンを安心させて早めに切り上げる。
被害者が判明、アラナ・デボン、39才。15年前に殺人を犯し、逃げ続けていた。彼女の死体を再度調べようとすると、テイラーが遺族に引き渡したと言う。何かと邪魔をするテイラー、ポープはブレンダとテイラーの間で、なんとかうまく調整をつけようと努力する。ブレンダが出て行った後ポープとテイラーは何を話し合ったのだろう?
再度エレンを尋問する。ブレンダは既に解答を出して確信しているようだが、それを証明するためにはエレンの自白が必要。ポープも捜査官たちも、ブレンダの自信の根拠がわからないが、彼女はクローザーなのだ。必ず事件を終わらせる。
コリアーはアラナだった。捜査官全員は呆然、虹彩写真と死体に残っていた左目の比較が決め手になった。「あなたはレズビアンなの?」とブレンダの挑発は見事的中。「私は彼を殺すつもりじゃなかった」博士を信じていたエレンは、身元を偽っていたこともショックだったが、尊敬し愛していた男が実は女だったことが死ぬほどショックだった。「私は絶対にレズビアンではない!」愛した男が女であっていいわけがない、ただ殺すだけでは駄目で、コリアーの顔を壊し、アラナの体だけが残るようにした。敬虔なクリスチャンとして生きてきた人生の汚点は消さなくてならない。

早い時点で、被害者と博士が同一人物であることがなんとなーくわかりました。というかそれしかあり得ないもの。どうやってそれを解明していくのかが、とても面白かった。
一癖ありそうな部下が多いのが楽しい。『レズボー』発言のプロベンザ、「2週間のマナー講座に行かせるわよ」とブレンダに言われて「Again?」笑った〜何回も行ってるんでしょうね。逆に同僚の女性捜査官に「asshole」と言われると「光栄だね」と返す。こういう人、必要です。
ポープはブレンダを個人的にも良く知り、能力を高くかっているからLAに呼んだのだけれど、彼女に約束していたような良い環境は作れていなかった、ブレンダは事件を解決する前に、部下の信頼を得るためゼロから頑張らなくてはならない。「また騙したのね!」でもやっぱり彼は味方。シリンガーかっこいいな〜♪声の良さも際立っています。
FBIのフリッツ、いい男ですね〜彼も今後捜査の協力をしたり、プライベートでブレンダの支えになるのでしょうか。
ブレンダの菓子好きは相当のもの。打ち上げの飲み会を断ってホテルの部屋で1人、ソファーに横たわりチョコパイをむさぼる、満足のため息をつきながら。もう最高においしいわ〜たまらない〜って感じ。あんなにしょっちゅうスイーツを食べても、スレンダーなのはいいですな。歯も丈夫なんでしょうね(^^;)
音楽も好み。全編気に入りました。うちはアナログスカパー!なので、ドラマセット以外のLaLaとCRIMEは単体で料金が加算されて、支払い月額がどんどん高くなっていきますが、クローザーのためならしょうがない。第1話は大満足でした。
c0088748_1351728.jpg

[PR]

by atsumi-6FU | 2007-04-08 11:44 | LaLa TV系


<< ドクター・フーS2箱の特典映像      名古屋某所の猫 >>